ラリー罠城 ⑤陣形 Ⅱ

f0366684_12233957.jpg


<前回のおさらい>
1部隊には兵種ごとに2個の分隊がある(歩兵・弓兵・騎兵でMAX6個)
1分隊はティアごとに1/2(半分)に分かれる
 *仮に歩兵がT1:10万、T2:6万、T3:80万の場合、1分隊はT1:5万、T2:3万、T3:40万となる
1分隊ティアが低い順に並んでいる
@分隊の並び方は、お互いの陣形により位置が変化する
@自分が選んだ陣形(特攻陣も含む)の兵隊が必ず先頭に来る(全部と半分のどちらか)
先頭の兵隊の人数が多いと、被害は次のティア・兵種に届かない

頭の中が混乱しないよう注意してください(´・ω・`)


f0366684_18593538.png

先頭の兵隊の人数が多いと、被害は次のティア・兵種に届かない
では、どのくらいから被害が出るのか?

戦闘詳細(上記画像)は弓陣形での防衛です。
分隊①②が両方ともに先頭にいる位置で防衛した感じですが、
先頭が全滅する前に次の分隊に被害が及んでいます。
f0366684_08055272.jpg
被害状況を図式化しました。
ここでのポイントは2つで、
@先頭の兵種が全滅する前に、2番手に被害が及ぶこと
@先頭のT4が全滅する前に、2番手のT1が全滅すること
*分隊なので半分のT1です。

つまり、2番手に位置する兵種のT1を多く持つと被害人数が増える。
よく言う「士気負け」は、先頭のT1だけでなく2番手のT1からも発生してしまう訳です。
2番手のT1を持たなければ問題ないですが、持つのであれば先頭のT2・T3の人数を量産させて確実に自分のT4に被害が及ばせないことが必要です。
f0366684_08424608.jpg




では、ラリー時(攻めも防衛も一緒です)の仲間からの増援はどの位置に行くのか?
もちろん防衛者の兵隊と同じ位置に行きます。
但し、重要なのは、割合(パーセント)で計算されてます。
人数を多く入れた人ほど被害が増えやすく、又、ティアが低い兵隊を入れた人ほど早く攻撃を受けるので被害人数が増えます。
もちろん先頭の分隊が全滅しなかった場合です。
f0366684_09402169.jpg
ちょっと思った以上に長くなっているのと、読み手に伝わらない気がするのでここまでとします。
次回、できるだけ分かりやすく「陣形Ⅲ」を書きたいと思います。(´・ω・`)


[PR]
Commented by ゆゆ at 2018-09-06 19:59 x
弓兵特攻陣で防御すると壁崩壊時の先頭は騎兵で騎兵から被害を受けるとおもいます
by kokeeee | 2018-08-26 08:50 | 無課金向け ===罠城=== | Comments(1)