実験 戦闘ブースト ④

戦闘ブーストについて理解できましたら、おのずと決まってくるものがあります。
それは、才能の選び方とロード装備の選択です。
下記内容はあくまでも僕のおすすめでありますので、もっと効率が良いものがあればご教示ください(*''ω''*)


<才能>
f0366684_16373689.jpg
2種類のレシピをご用意いたしました(#^.^#)
考え方としては、
①自分のお城に攻撃される可能性がある場合
②自分のお城にほぼ攻撃を行われることがない指揮官向け


軍隊防御力って意味ないのに!っと前回までの記事で書いてますが、歩兵攻撃力II(騎兵・弓兵も同様)をMAXにしても10%しか増えません。
才能:軍隊防御力IIを31まで振ると34%になります。
兵隊を多く抱えているのであれば、防御力を上げることも悪くはないと思います。
ざっくり、3M以上持っているのであれば①が良いかと思います。


ぶっちゃけ緑色で塗ったところに関しては、あまり効果として大差ないので①or②はお好でよいかと思います。
f0366684_16382053.jpg
<装備>
選び方の基準は攻撃力が多く、防御力が少ないものを選びたいところです。
戦闘時に攻撃は、兵隊全員が行のに対して
攻撃を受ける(防衛する)のは、陣形の先頭にいる兵隊のみです。

歩兵陣形で防衛するのに、弓兵防御力のブーストがついても何の意味もないということです。
*被害が弓兵まで及ぶのであれば効果はあります。


こうなるとLv60装備がその傾向が強く、選びたくなるのが人の常ですよね(*''ω''*)
しかし、強い装備を選んでも、レジェンド(黄に持っていくのはかなり難しい設定になってます。
自分の課金量に応じてレジェンド(黄)に持っていけそうなものを選ぶことが重要かと思います。
f0366684_16382542.jpg
装備も歩兵用・騎兵用・弓兵用の3種類持った方がいいのでしょうか?
というご質問を貰うことがあります。


もちろん、持てる物なら持ちたいですが、
ジュエルはそこまで簡単にレジェンドにできない現実があります。
ジュエルはどの装備にも3個まで取り付けることが可能ですが、同じものを複数取り付けれません。
一番ブーストの効果が高いジュエルを特化できない以上、オールマイティーな装備(3種とも戦闘ブーストが平均して上がるもの)
を選んでいくことが良いと考えます。

最強装備を目指されるのであれば、かなり鬼畜設定となってますチャンピオンシリーズでまとめるのが良いと思いますが、
数百万円の投資は確定となりますのでご注意ください。

[PR]
by kokeeee | 2017-08-24 18:48 | 実験 | Comments(5)

実験 戦闘ブースト ③

f0366684_23382151.png
f0366684_23335804.jpg
今回は、戦闘ブーストの中でも効果が高い 攻撃力について、誰しもが認めるTOPプレイヤーの
Bren Chong氏を例に見ていきたいと思います。
*装備関連は以前「TOPプレイヤーから学ぶ編」でまとめた時のブースト表のままで考察します。
*ブログは7/4~全①~⑥までありますのでよかったら読み返してみてください(#^.^#)


歩兵攻撃力+軍隊攻撃力:344% + 308% = 652%
弓兵攻撃力+  〃    :359% + 308% = 667%
騎兵攻撃力+  〃    :524% + 308% = 832%
上記にはヒーロー5人のブーストが含まれておりません。


参考用に軍隊攻撃力20%上がるヒーロー5人で攻めた場合と仮定すると、プラス100%アップ
f0366684_00522729.jpg
単純に計算したのが上記です。
見てびっくりの数字ですよね。。。
Bren氏が攻めると相手のティアが同一の場合でこれだけ死んでしまうのです。
研究の呪詛を含めたらもっと被害があると考えられます。


そんなわけない!?と思うかもしれません。
殺傷能力としては45秒間の戦闘でこれだけあります。
*相手の戦闘ブーストが0(ZERO)の状態です
f0366684_00500574.jpg
これを防ぐのが、防衛側の戦闘ブーストと兵隊の数になってくるわけです。
ワンダーベースや要塞戦では、こんな相手と同数の兵隊で戦わなければなりません。


我々小市民にとっては、非常に厳しい内容になっているかもしれません( ˘•ω•˘ )
あっという間の一撃で、兵隊zerodになっちゃいますよね。
この辺の内容については、後日まとめたいと思います。

[PR]
by kokeeee | 2017-08-22 01:40 | 実験 | Comments(0)

実験 戦闘ブースト ②

今回はもったいぶらずに結論から書いていきます( ^ω^ )
この方が、伝わりやすいと判断しました。
*この実験自体は2019年1月に行ったものの為、仕様が変わっているかもしれません。
f0366684_20095568.jpg
上記の数字は、下記内容から割り出しております。
t3(同種・同陣形)で1万人vs1万人を実施
片側の戦闘ブーストのみ約10%ずつ上げていったもの
*防御・HPは、才能ポイントを調整。
*攻撃は、軍隊攻撃が上がるヒーローを同行させて調整してます。
f0366684_20252131.jpg
一目瞭然ですが、ブーストの効果は攻撃>>HP>>>>防御という結果となりました。
攻撃力を極力上げて行くと効果が高く、防御力に関しては無きに等しいような状況です。
なぜここまでの差をつけたのかはわかりませんが、ゲームの仕様にならって自己ブーストを上げて行きましょう


見間違えないように、再度書きますが1万人vs1万人の場合の結果です。
攻撃力ブースト1%上がると、約8.4人殺傷できるということです。

25万人vs25万人の場合は210人殺傷できる(25倍)
37.5万人vs37.5万人の場合は、315人(37.5倍)
f0366684_20351184.jpg
別の見方からすると、
攻撃力ブーストが300%別途上がると、

1万人vsで2,520人殺傷する。
25万人vsで63,000人殺傷する。
37.5万人vsで94,500人殺傷する。


実験した内容は下記となりますので参考にどうぞ!
f0366684_20564048.jpg
f0366684_20570968.jpg




[PR]
by kokeeee | 2017-08-18 21:44 | 実験 | Comments(2)

実験 戦闘ブースト ①

戦闘ブーストの3種類
攻撃力:兵隊1人の火力が上がる
HP:兵隊1人の耐久力が上がり、死者数の減り方が遅延する(もちろん死者数も減る)分火力も上がる
防御力:兵隊1人の耐久力が上がる
f0366684_04485592.jpg
どのブーストも名前を見る限りはあって損はないですが、実際のところはどれをどれだけ上げた方が効率的かは分かり難いものです。
そしてそれぞれのブースト1あたりの効果は、どれが1番優秀なのでしょうか?
今回は、そのあたりを考察してきたいと思います(´・ω・`)


まず、ブーストの基本事項を記入します。(結構重要です)
*実験結果は今回省きますが、t3兵隊の10,000人vs10,000人を行った際から判断しております。

歩兵攻撃力+10%と軍隊攻撃力+10%は、歩兵の攻撃力upの効果は同一(攻撃力以外のHP・防御力も同じです)
 ほとんどの人がそうだろうと思っていたことでしょうが一応確認しました(@_@)

歩兵のみ出陣したけど、ヒーローのタイプが違う兵隊タイプだった場合のブースト効果は?
 軍隊攻撃力(HP・防御力)の場合はもちろん歩兵にブーストされますが、騎兵攻撃力はもちろん意味がないです。
 海の歌姫(弓兵)伝承の紡ぎ手(騎兵)はどの兵隊を出陣させても効果がある軍隊系3種のブーストを持っているので人気のヒーローとなってます。
 ヒーローの兵隊タイプとは、あくまでそのタイプの兵隊と一緒に行動するということだけで、ブーストとヒーローの兵隊タイプは=ではななく、≒いという感じですね。
 ただし、ヒーローの兵隊タイプの兵隊が、戦闘に参加していない場合はヒーローも参加しません。

ブーストの計算式
 (ブースト値 × 0.01) + 1 =元の数字
 基本値 × 元の数字 = 軍事力
 *基本値とは、各種兵隊に設定されている攻撃力・防御力・HPであり実数の解明にまだ至っておりません。
 *以前 タイトル「ブーストを把握セヨ!(戦争)」で記載した計算式は間違えております(-。-)y-゜゜゜

ブースト表の見方
f0366684_22535952.jpg


[PR]
by kokeeee | 2017-08-16 20:00 | 実験 | Comments(0)

実験 陣形 ④

だらだらと続いてしまって申し訳ありません。
今回で陣形についての実験検証は一応のところ最後といたします。


実験 陣形①②では、兵種が均等に出陣した場合、
弓兵陣形 > 歩兵陣形 > 騎兵陣形
と強さが変わると記載させていただきました。
今回は、そのことを頭に入れて読んでいただけると理解しやすいです。

f0366684_23501359.jpg
前回の3万vs3万は両者共に歩兵・騎兵・弓兵を各1万にて実験してました。
今回は左側は前回同様に3種類の各1万人です。
右側は、火力がある弓兵3万人にて陣形だけを変更しての対戦です。


今回も驚愕!?でしょうか。
兵隊は同じでも、陣形が変わると強さが変わるという謎の使用ですね(;´・ω・)
そして、全敗してますがここでも弓陣形が殺傷能力が長けているという結果となっております。
弓兵が出陣してるから弓陣形にすることが最良なのかもしれません。
歩兵陣形は、自分の死者数もかなり減って拮抗した勝負をしてますね。


下段2個は、打ち負かす構成を探したところ2回目でヒットした感じです。
先頭のアンチ構成が強いみたいです。


ここまでの情報を整理してみます。
①兵士均一や兵士1種特化でも、弓兵陣形が1番強い。
②相手の兵士が平均的にいる場合は、相手の陣形のアンチMAX構成が1番強い。

この2個から攻める場合の鉄則として、
1.相手がパワーが高い場合は、個人での攻めand集結(連合軍)での攻めは、弓兵陣形で初撃を行う。
2.上記で相手の陣形を知り得たら、相手の陣形のアンチMAXにて攻撃を行い、相手の先頭を壊滅させる。その後は2番手のアンチMAXでと繰り返す。

この方法が、パワーが高かったり、億(100m)以上のお城を壊滅させる一番効率の良い方法かと思われます。
相手がINしていたら陣形を変えられてやりにくいかと思いますので、寝ているすきにやっつけてしまいましょう。(*'ω'*)

僕にはしないでね(;´・ω・)

[PR]
by kokeeee | 2017-02-08 19:27 | 実験 | Comments(1)

実験 陣形③

タイトル「実験 陣形①」の対戦結果を死者数、取り分け複数の兵種が死亡してるものを注目してください。
陣形により若干変わりますが、前衛が全員死亡していないにもかかわらず2番手の兵種が死亡していることが分かるかと思います。
f0366684_22225960.jpg
%は陣形により若干異なりますが、通常の歩兵陣形・騎兵陣形・弓兵陣形の場合、
6,000~7,000人以上のの先頭兵種が死亡すると、2番手兵種も死亡しております。
そこから、上記の表の様に兵種が重なって攻撃を受けているところがあると考えられます。
f0366684_22273945.jpg
続いて、特攻陣形の場合も重なり合いながら攻撃を受けていると思われます。
上記表は、歩兵特攻の場合の予想図です。


この表から、死に役の人数を的確にしよう!
要するに、死に役を何人入れるかは自分のブーストと相手の予想ブーストによって個人差はあると思いますが、
下段の100%表の1個目
通常の陣形=27.3%
特攻の陣形=16.6%

上記の%を上回る死に役を入れることはよろしくない!ということが言えるのではないでしょうか。
もちろん、2番手にも死に役を入れるのは構いませんが、上記%より死に役が必要である相手には挑むことは望ましくないと考えます。

25万人の16.6%=41,500人
37.5万人の16.6%=62,250人


もうちょっと実験 陣形は続きます(@_@)



[PR]
by kokeeee | 2017-02-07 20:17 | 実験 | Comments(0)

実験 陣形 ②

前回は、3万vs3万(歩・馬・弓を各1万)での陣形対決を行いましたが、結果を見て僕同様に衝撃でしたでしょうか?
予想外の結果であれ戦闘結果は全て正しいはずなので、そこから正解を探さなければいけません。
ここから書くことは大半が間違えている可能性がありますので、その辺をご理解の上でよろしくお願いします。


まず、
陣形が同じ通しの戦いは
歩兵:7,536 vs 7,540 (差 4人)
騎兵:7,098 vs 7,066 (差32人)
弓兵:8,352 vs 8,260 (差96人)
と、4~92人差と大体互角の戦い?をしていることが分かります。

上記から同じ(ブースト値でも)兵隊通しが戦った場合は100人=0.3%程度の差が生じる考えられます。これは、戦闘中にクリティカルダメージ2倍とかの運要素なのかもしれません。
しかし、過去に100回以上の実験をやった中で、互いの駐屯地へ同じ戦いを数回行いましたが、
どちらが攻めようが同じ結果となっておりました。

ここから想定できることは、防衛側である左側の僕がバーサーカー切れを起こしていたのではないということです。(´・ω・`)
バーサーカー=「5%の軍隊攻撃力を付与」の恩恵がなかったことがこの差を生んでしまった可能性があります。


そして、
勝敗を重視して見ると(一目瞭然ですが・・・)
1.弓兵陣形はほぼ全勝
2.歩兵陣形は弓兵陣形以外に全勝
3.騎兵陣形はほぼ全敗

ここから読み取れることは、今回の構成でのvs3万を行った場合の陣形は、
弓兵 > 歩兵 > 騎兵
となり、兵隊の性質上の有利・不利は効果が薄いといえるのではないでしょうか。
f0366684_00483620.jpg
別途、対戦を行った分を上記に記載しました。
この表は、同一の兵隊での対戦を1万人で行った分です。
有利不利の対戦サンプルが少なかった為、下段の1点のみとなっております。

この表からは、同一対戦の場合での死者数は、2,124~2,520人(平均2,300人:全6個の死者数から割り出してます)
2,300人 × 3 =6,900人不利な戦いをしていない場合の死者数なのでMinあるべきです。
このMin数値から大幅に死者が多い陣形が、兵隊での有利不利の作用効果が高かったと考えられます。

よって、
兵士を平均的に出陣させた場合は、弓陣形を使用すると兵隊の有利不利の効果が一番恩恵を受けているのではないかと考えます。
まぁ、難しいことは抜きにして、平均的に出陣させる場合は弓陣形で攻撃しましょう!

陣形については、まだ続きます(´・ω・`;)
小出しで更新遅くて申し訳ありません。

[PR]
by kokeeee | 2017-02-04 20:00 | 実験 | Comments(0)

実験 陣形 ①

以前、タイトル「陣形の演習結果からわかること」11/10のブログで
陣形について考察を行ってみましたが、僕もやっと覚えることができましたので実際の結果確認のために実験を行いました。
といっても3種類だけで特攻はまだ覚えてません。
f0366684_06001882.jpg
表の見方は、左右の数字が死者数ですが、
上段が合計の死者数
下段が各兵隊の死者数

全ての戦闘は、タイトル「実験 t4 vs t3」で行ったブースト値と同じです。
左側が僕で防衛をしております。


今回の結果は衝撃的すぎます!!
演習はなんだったのでしょうか!?
そして、兵舎に書かれている有利・不利って嘘が書かれているの!?
f0366684_01440653.jpg
という心境です(´・ω・`)

長くなりそうなので、考察は次回以降に書きます。

[PR]
by kokeeee | 2017-01-30 20:25 | 実験 | Comments(4)

以前、海外の方がYoutubuに動画を上げていたのを記事にしましたが、僕自身もティア4兵隊を作れるようになったので
実際のところを見るべくテストを行いました。


<実験の基本>
防衛側が駐屯地を作成し、そこに攻撃側が進行する
防衛側と攻撃側の戦闘ブーストを揃える
 *これが一番難しいところです。建設(荘園・医療所・兵舎Lv25)でのブースト差が無いようにしなければなりません。
 *両軍ともに攻めを行い、バーサーカー状態を維持する
今回はヒーロー無しで実験を行いましたが、
 ヒーロー無し(兵隊だけの戦い)では、攻めも守りも同じ結果になる
 ヒーロー有りでは、ヒーローが戦闘に参加していなくても多少(1~3%程度)防衛側の死者が増える

f0366684_02375888.jpg

表を作るのに見やすさを考えましたが、陣形と兵種で見間違えないように!
勝敗を〇と✖で簡単に出してますが、勝敗よりも死者数の差を重視して見てください!

一番上は、t3 vs t3で強さ比較(強さに差がないかの)確認です。
今回の実験では、軍隊攻撃力ブーストのみ0.5%差が開いてます。
後半は、t4 vs t3で何人で勝ち越すかの確認です。
途中、t3 vs t4(弓兵)5万人を行いましたが、1万人vsの結果の5倍だったのでそれ以上の対決はやめました。
f0366684_18150820.jpg
今回衝撃的だったのは、t4はt3の約2倍くらい強ことですね。
もっと圧倒的に強いと思ってましたが、その程度でした。(´・ω・`)


タイトル「実験 城壁破壊②」で弓兵の攻撃力は約5倍強かったのに、
防御・HP面ではさほど差がないということでしょうか。
ひょっとして知らぬ間に仕様変更とかなってるのかな。。。
実際の戦闘では、ヒーローの存在と、ロード(才能・装備)とで変わるとは思いますが、
素の戦闘能力はこんな感じなのでしょう。


今回の実験は、あくまでt3の人数を増やすことでt4との戦闘能力差を比較しましたが、
人数が増えればその分攻撃力が上がるのは当たり前ですが、もしかしたら防御力やHPも増えているのかもしれません。

伝わりにくい日本語になっている気がしますのでイメージとしては
t4=1人の基本値 攻撃:500 防御:150 HP:150
t3=1人の基本値 攻撃:100 防御:100 HP:100

が、

t4=1,000人の場合、攻撃:500,000 防御:150,000 HP:150,000
t3=2,000人の場合、攻撃:200,000 防御:200,000 HP:200,000

PC1人 vs PC1人が戦っているっという感じでしょうか。
HPが減った分が死者になるという理屈です。 
そう考えないと矛盾が生じる気がします。

しかし!
t4弓兵1万人vst3弓兵1万人でのt4の死者数=1,240人
      〃    2万人でのt4の死者数=3,008人(上記との差=1,768人
      〃    3万人でのt4の死者数=4,776人(上記との差=1,768人

この死者数の差が同じになるっていうことはどういうことなんでしょうか!?
残念ながら4万人以上の実験をしなかったため、同じような差で推移するのかわかりません。
奥が深いのか、考察能力がないのか・・・・
どなたかこの謎を解いてください!      

[PR]
by kokeeee | 2017-01-22 15:37 | 実験 | Comments(3)

実験 城壁破壊 ②

まずは、前回の記事に間違えがありました。
バーサーカーによる軍隊攻撃ブースト5%が抜けていましたので、
攻撃側の軍隊攻撃ブーストは、153.5% → 158.5%
ヒーロー参加分は、193.5% → 198.5%
見間違えると困るので表の差し替えを行いました。

早速追加城壁実験たので、まずは結果から(*'ω'*)
f0366684_00192847.jpg

今回は、攻撃者が1.5%程軍隊攻撃ブーストが上がっております。(バーサーカー含む)
防衛側(僕)の城壁防御ブーストも200%に上がっております。
f0366684_00401729.png
②③の参加ヒーローは前回と同様で、薔薇の騎士・海の歌姫・ケンタウロス・冥界の案内人・トラッカー


f0366684_00393041.png
④の参加ヒーローは、海の歌姫・冥界の案内人・トラッカー・雪の女王・デスハンターと弓タイプのみ


今回衝撃的だったのは、t3から攻められたら壊されちゃいますね(;´・ω・)


上記結果を考察すると、非常に重要)
①と②はブーストの違いとヒーローが攻撃に参加してるかどうかの違いです。
ちなみに、②の実験を城壁防御ブースト221%に変更して行った結果は、HPは1も減りませんでした。

②と③は兵隊を2種 → 1種にまとめると約30倍も火力up!
攻撃側のブーストは変化してませんが、騎兵分のブーストが無意味(騎兵ヒーローも見てるだけ)になっているにこの差です。そこまで騎兵より弓兵の方が攻撃力が高いとも考えにくいので、単純に同じ兵隊がまとまればまとまるほど火力は増大することが分かります。

③と④は兵隊1種でヒーローを弓5人にしているにもかかわらず③との差がない・・・
逆に削る量が少し減ってるのも気になりますね。
この結果は想定外すぎます。

f0366684_01430712.jpg

引き続いてvs t4の検証です!
前回、馬・弓各10万での検証をしていたので今回は省かせてもらいました。

この結果は上記をやった後なのである程度予想はしていましたが、、
城壁HP0になりました(;´・ω・)
動画を見ると丁度45秒で壊されて戦闘終了してましたので、HP減少=t4弓20万人の火力と判断してよいでしょう。

t3弓で城壁HPが減ったHP=261,225
t4弓で城壁HPが減ったHP=1,282,500

ここから分かることはt4弓兵の攻撃力はt3の約5倍であるということですね。
*あくまでも攻撃力であり、HP・防御が関係する兵隊通しの戦いでは5倍強いわけではないと思います。


もっと検証したかったのですが
HP:1,282,500の城壁を直すのに必要な時間は、約45日(@_@;)
上記検証でもジェムと時短をかなり費やしましたので、ここでTHE END

城壁強化を進める内容の記事を最近書いてきましたが、鉄壁はかなり厳しようです。
城壁の実験については、HPと防御ブーストがもう少し上がるまでお預けとさせていただきます。

[PR]
by kokeeee | 2017-01-20 01:41 | 実験 | Comments(3)