トッププレーヤーから学ぼう ④

ブログの更新が滞っており申し訳ございません。
けっしてスロットに行っているわけではありません(´・ω・`)


攻撃する側がリスクがあるプレイヤーとは?
@相手の兵隊数、またはパワー値から勝つ見込みが薄い(1~5回連続攻撃をしても燃やすことができない)
@相手の兵隊数、またはパワー値から自分の死者数が多くなってしまう(費用対効果に重きを置いた場合)
@相手が偵察妨害を付与しており、ある程度のパワーを所持している
@相手が偵察妨害を付与しており、装備が戦闘装備を付けている
@相手がINしていることが確定している
etc....


人それぞれの価値観なので一概にコレとは言えないのが現実かもしれません。
ただ、大きなウェートを占めているのが攻撃対象のパワーの値です。
そして、偵察によって内訳を把握(過去も含めて)しているかどうかです。
上記2種類から、勝てそうかの感覚で動いていることでしょう。
f0366684_16152279.jpg
では、今回は違う視点から戦闘を見ていきたいと思います。
ずばり、自分の兵隊1人は何人殺せるか?


結論から言えば、同種(同じティア)であれば、0.2~0.25人です。
t3がt4を攻撃した場合は、上記の半分の0.1~0.125人で、
t4がt3を攻撃した場合は、上記の3倍の0.3~0.375人です。
まあ、これも実験結果からすぐにわかることですね(;´・ω・)
*相手が同じブースト値であること。
*攻撃・防御・HPのブースト値が大体均一であること。


え!?分かり難いですか(;´・ω・)
f0366684_17234062.jpg
ざっくりとした表になります。
防衛側は①②ともにロード無しのt4保持プレイヤーで3兵種均等にもっている。
攻撃側のバランス=歩兵・弓兵・騎兵が平均的に保持している場合で、
特化=攻撃側・防衛側ともに1種のみで戦った場合で攻撃側が有利な兵種であった場合です。
*実際、防衛側が特化しているケースは非常にまれなので攻撃を受ける最大値の参考用


余計混乱してしまった気もしますが(@_@)
ざっくりと頭に入れておくと戦いが有利になると思います。


[PR]
Commented by 負傷兵 at 2017-05-20 03:16 x
ぼくはケガが治るまで戦力外になるけど死にましぇん
by kokeeee | 2017-05-17 18:44 | 日記 | Comments(1)