弓兵の特徴

f0366684_18041540.jpg
上記画像は、よくある防衛戦の開始です。
気づいてる人もいると思いますが、城壁での防衛は攻めvs罠だけではないのです。
城壁をよく見てみると、弓隊と弓ヒーローは城壁での戦いの際は攻撃を行っています。
*歩兵方陣で守ってます。


ここから、城壁での防衛を有利に進めることができる唯一の兵種が弓隊となるのが分かると思います。
城壁での防衛を考えているのであれば、弓隊の強化と防城ヒーローは弓兵タイプのヒーローを3人配置することをお勧めします。
(弓:3、歩:1、騎:1)が理想的です。


又、通常時の陣形についてですが、#22鯖でも主流は未だに歩兵方陣で守っていることがほとんどです。
その理由は、個人で攻撃をして燃やしていくお城がパワー30M前後くらいが多いことが言えます。
その辺りのパワーの人は、陣形の習得より先にほかの研究に費やすことが多いのではないでしょうか?


疑問に思う人もいますよね!?
歩兵方陣で守っているなら、騎兵方陣で攻めるほうが有利
騎兵のt4を先行させるべきでは?と・・・・


もちろん正論としては、騎兵強化が1番良いのかもしれません。
しかし、t4はコストが高いことが1番のネックです。
陣形=先頭の兵隊を変えること、を意味しておりますので極力先頭にt4を置きたくないのが本音です。

戦争では、基本的に先頭の兵士から死亡していきます。
先頭は死んでもそこまで痛くない、t1~t3にすることが消費を極力減らした戦いになるのではないでしょうか。
もちろん全員t4兵士にするより、火力は減ります。
しかし、1回の攻撃で最高火力を求める戦いはあまりないですよね?(ワンダーベースや要塞奪取は最終的に死に役を入れれなくなります)
2・3回の攻撃で最終的に焼き尽くすことを念頭に、死者を安い兵士にすることがベストと思ってます。


自分の陣形を、歩兵or騎兵の2択(死に役)ができることで弓兵の作成を先行させております。

[PR]
by kokeeee | 2016-12-28 20:57 | 日記 | Comments(0)